• 山善福祉会法人本部
  • おとのは学園
  • とよはら学園
  • 鮎川保育園
  • いぶきの丘学園へ
  • 山善ファーム
園の概要

保育方針園へのアクセス

園   名  社会福祉法人 山善福祉会 〈幼保連携型認定こども園〉さんすい学園
所 在 地  〒567-0012 大阪府茨木市東太田3丁目8番3号
園   長  山本 茂善 Yamamoto Shigeyoshi
電   話  072-626-9047
F  A  X  072-626-9200
M A I L  sansui@yamazen-fukushikai.or.jp
設   立  昭和50年2月1日
定   員  1号/15名 2号/90名 3号/70名
対 象 年 齢  生後2ヶ月経過した翌月〜就学前
開 所 時 間  月〜金曜日 / 07:00〜19:00  土曜日 / 07:00〜18:00
施 設 設 備  鉄筋コンクリート2階建て
 敷地面積 / 2,849.67平方メートル、延床面積(保育園分) / 1,879.61平方メートル
 園庭 / 973.62平方メートル

 冷暖房完備、全館オゾン消毒(毎日)
職 員 構 成  園長、主幹保育教諭、指導保育教諭、保育教諭、栄養教諭、看護師、調理師、事務員
    内科、歯科、耳鼻科、眼科、皮膚科
その他事業  一時保育、病後児保育(おとのは学園にて受け入れ)
 休日保育、延長保育(18:31〜21:00)(豊原学園にて受け入れ)

給食

おいしい給食
管理栄養士が、バランスのとれた楽しい献立を作成し、栄養教諭、
  調理師の専門スタッフが協力体制のもと子どもたちによろこんで
 もらえる給食作りを心がけています。

離乳食、アレルギー食にもしっかり対応いたします。

衛生面に十分配慮し、平成20年度「大阪府衛生優良施設」として
 表彰されました。

 昼食には、山善福祉会の所有する「ファームおとのは」と「山善ファーム」で収穫された
 お米を使用しています。また精米機を園で所有し、精米の度合いにもこだわっています。


玄米には白米よりもビタミンB群(ビタミンB1、B2)、鉄、
カルシウム、リン、カリウム、ビタミンE、マグネシウム、亜鉛
が豊富に含まれています。
園では、子どもたちが玄米五割のごはんが食べられるようになる
ことを目標に、成長に合わせて段階をふみながら、最初は白米から
次は七分づき、五分づき、玄米五割に移行するご飯の食べ方を実践
しています。
保育の中に田植えや稲刈りなど、お米作りの実体験を取り
入れ、子どもたちの食への関心を深めていきたいと考えています。

  玄米入りのご飯が食べられるように、徐々に慣れていきます。同時に良く噛んで食べることも
  食育を通じてしっかり学んでいきます。


  全ての食材は、安全なものを使用し、野菜類は生産者のわかるもの、また一部は
   関連施設で栽培し、採れたての野菜やほうじ茶を使用するこころみも行っています。

 
  グレープシードオイル、天日塩などの調味料や高品質の小麦粉を使用しています。

ページの先頭へ戻る